過去の競技結果一覧(2019倶楽部対抗成績追加)

初心者のゴルフコースデビューに同伴するとき注意すること!

ゴルフのこと
スポンサーリンク

初心者ゴルファーをコースに連れて行くことなりました。

初心者コースデビューさせる時ってどんなことに気をつければいいのかな?

ルールとかマナーとか、どこまで教えてあげたらいいのかな?

 

 

そんな悩みと共有します。

 

結論からいいますと、なにはともあれ前進あるのみ!です。

 

この記事の内容

・初心者ゴルフファーと同伴するときは前に進むことがすべてです。

・前進するために必要なことはOK連発と遠慮なく手を使わせることです。

・まずは前組について行くことが最も大切だと教えてあげることです。

 

この記事を書いている私はゴルフ歴30年ほどで、J-sysハンディキャップは5.1です。毎回ラウンドの目標スコアは80Sを切ることです。バックティ競技の月例や公式戦でこの目標スコアでラウンドできていれば、HDCPインデックスは5前後を維持できるみたいです。

 

せっかくゴルフに興味を持ってくれた初心者ゴルファーさんに、ゴルフって楽しいかも!って思っていただくことが何よりも大切です。

このように思って頂くことが初心者ゴルファーを同伴する人のやるべきことのすべてです。

 

最初からルールやマナーなどの、小うるさいことを口にしてはいけません。

 

初心者のゴルフコースデビューに同伴するとき注意する点!OKやルールはどうすりゃいいの?

初心者ゴルファーといってもいろいろあると思います。

150点超え初心者ハイレベル
130点以上初心者中級レベル
120点以上初心者レベル
110点以上もう初心者ではないレベル

150点超えのハイレベルから、130点前後の初心者中級レベル、120点前後の初級レベル、110点前後になるともう初心者ではありません。

 

初心者ゴルフファーと同伴するときは前に進むことがすべてです

初心者とのラウンドは、それはそれで楽しいものです。

やってる本人からは緊張感が伝わってきます。

笑顔がひきつっています。

そんなビギナーさんに対しては満面の笑みで対応しましょう。

基本は「いいよ~♪いいよ~♪ナイスだよ~」です

空振りしようが、チョロしようが、どうなろうが、「いいよ~♪いいよ~♪」です。

ゴルフ初めて最初のシーズンや2シーズン目なんて上手くできるわけありません。

まずは前組と開かないように前進することを第一に考えます。

初心者だからといって前組との間隔が開いてもいいということはありません。

前組と間隔を開けずにしっかりとついていくことが、マナーだということを教えてあげてほしいと思います。

ビギナーさんは周りのことなんて見えていないし考える余裕なんてありません。

目の前にある自分のボールのことしか頭にありません。

それでいいんです。

 

 

前進するためにやるべきことがあります。

 

  • 林に入ったら、ちゅうちょすることなくボールを拾ってフェアウェイまで戻してあげましょう。
  • バンカーで2~3回やって脱出できなかったら、手で拾ってバンカーから出してあげましょう。
  • グリーンは1mくらいならOKを出してあげましょう。

 

林に入ったら、なんの迷いもなくボールを拾ってもらってフェアウェイまで戻してあげましょう

林の中にボールが入ってしまったら、「ボールを拾ってフェアウェイまで出していいよ~♪」と言ってあげてください。

この時に注意をしてほしいことがあります。

それは「無罰でフェアウェイまで戻していいよ♪」と言ってあげることです。

林からフェアウェイまで手で持ってきても、それを1打とカウントしなくていいよ。

ということです。

 

バンカーで2~3回やって脱出できなかったら、手で拾ってバンカーから出してあげましょう

バンカーが得意なビギナーさんに私は会ったことがありません。

バンカーはシングルになったって難しいものです。

ビギナーさんには2~3回やってもらって脱出できなかったら、

「手で拾ってバンカーの横に出していいよ~♪」

と言ってあげましょう。

ビギナーさんにバンカー地獄なんて体験させる必要はまったくありません。

そしてこれも林の中から無罰でボールを出したように、

「バンカーから1発で出たことにしていいよ♪」と言ってあげましょう。

 

グリーンは1mくらいならOKを出してあげましょう

初心者のパットの感覚って今となっては信じられないくらいスゴイです(笑)

5mの距離を1mしか打たなかったり、逆に10mオーバーしたかと思ったら、20m級のロングパットを1発で沈めたり普通にします。

カップをバケツの大きさにしても入りません。

そんなビギナーさんには、1mくらいのパットはどんどんOKを出してあげましょう。

しびれるパットなんて打たせなくていいでしょう。

またグリーン周りのアプローチもビギナーさんは行ったり来たりと大変です。

同伴者はそんなアプローチを足で止めてあげることも大切です。

 

それオッケーです♪

 

そんなのゴルフじゃないよ!

そんなのゴルフじゃない!

ルールを無視した暴挙だ!という反論はあると思います。

確かにその通りだと思います。

ゴルフのルールに手を使っていいなどというルールはありません。

おっしゃる通りです。

しかし・・・

最初が肝心とはいっても、ビギナーさんにそんな難しいことをやらせても何も楽しいことはありません。

 

ゴルフって全然楽しくない・・・

 

まずはゴルフって楽しいな!もっと練習して上手くなりたいなって思ってもらうことが何よりも大切です。

スキーだってスノーボードだって、そうじゃないですか?

あんな重いスキー板や靴を履いて歩いているときが一番の苦痛です。

滑っているときが一番楽しいじゃありませんか。

滑り出す前、山頂に上がる前に厳しいことを言われてもつまんないです。

まずはとやかく言わずに滑ってみて、スキーやスノーボードって楽しいなって感じてもらうのと同じです。

 

ゴルフのスコアについて

手を使ってでも、OK出しまくっても、足でボールを止めてあげても、そんなことをいちいちペナルティにしなくていいんです。

そんなことはズルでもなんでもありません。

そんなんで、18ホールやって130点でも150点でもいいんです。

もしかしたらサービスしたら110点かも知れません。

今日はずいぶんOK出してもらったなってことを、本人はちゃんとわかっています。

スコアのことを気にするのはもう少し後からでOKです(笑)

 

次のラウンドまでに、もう少し練習しよう!

 

まとめ

まずはOK連発で前進あるのみです。

初心者に厳しく指導しても仕方ありません。

まずはゴルフって楽しいってことを教えてあげましょう。

ビギナーさんだって、手を使っていいとは思っていません。

きっと次回は少し上達して登場することでしょう。

基本は「いいよ~♪いいよ~♪」です。

「ナイス♪ナイス♪」でよろしくお願いします。

 

コメント