過去の競技結果一覧(2019倶楽部対抗成績追加)

【ルール改正2019】レディーゴルフの推奨※打順変更が認めらる

ゴルフのルール
スポンサーリンク

フッキーバルボアです。

レディゴルフとは良く言ってくれました。

このルール変更は本当に大歓迎ではありますが、あまりにもせっかちな同伴競技者がいると問題になりそうなルールに思えます。

2019年1月1日にゴルフのルールが大きく改正されました。

今までもルールの改正はちょくちょくありましたが、今回はびっくりするような改正がいくつもありました。

一つずつピックアップして内容と処置の仕方について自分のためにも理解を深めて共有していきたいと思います。

レディーゴルフとは何か?

まず最初に、「Ready Golf」 であって、「Lady Golf」ではないです。

ということは、お約束なのであえて記載させていただきます。

今までは2打目以降は原則として、ホールから最も遠いボールからプレーするべきであるというルールがありました。

つまりは、ティーショットが一番飛んでない人がセカンドショットを打つべきなのです。

基本的にこの原則は変わりません。

やはりホールから一番遠い人から打つべきなのです。

新しく改正されたルールには順番を変えてもいいですよ。となりました。

でも、条件がいくつかありますのでせっかちゴルファーさんは気をつけなければなりません。

レディゴルフの条件

同伴プレーヤー全員の安全が間違いなく確保できている。

複数のプレーヤーが利便性や時間節約のためにそうすることに同意した

本来、プレーするべき順番のプレーヤーが、モタモタまだプレーする準備ができていない状態だ。

他のプレーヤーを危険にさらしたり、気を散らしたり、妨げとなることなく、先にプレーする準備できているプレーヤーがいる。

上記のような条件があります。

本来プレーするべきプレーヤーが、

打球方向を確認していて、

素振りして、素振りして、

さらに素振りして、

誰が見てもプレーする準備ができているとは思えない状態でも、本人がいわゆるショット前のルーティーンに入っている状態であれば、黙って勝手にショットすることは禁止です。

本来打つべきプレーヤー

さぁ~!打つよ~、打つよ~、打ちますよ~、

アドレスの向きは合ってるかな~

おっと!風向きはアゲンストだな~、クラブ変えるかな~

このホールは左ピンだから、狙い目はグリーンの右サイドかな~

どうしょっかな~♪

打つ前のルーティンが何よりも大切だってユーチューブ動画でプロが言ってたからな。

慎重に慎重を重ねてっと。

次に打つべきプレーヤー

遅いな・・・

まだ打たないのかよ・・・

何回素振りしたら気が済むのよ・・・

オマイがセカンド打つころには、こっちは歩いてグリーンに着いちゃってるよ・・・

どうせ、グリーンまで届かないんだから、チャッチャと打ってくれよ。

考えられる状況

本来ショットするべきプレーヤーが、キャディさんと話し込んでて準備ができていない。

ゴルフシューズの紐がほどけて縛り直している

グローブをまだしていない

またはティーショットを大きく曲げて林の中に打ち込んまい横に出すかどうかを迷っている。

そのような時は、本人もしくは他のプレーヤーの了承を得れば順番に関係なく打つことができます。

先に打ちますね!

どうぞお先にお願いします!

まとめ

『遠方先打』が基本原則ではあります。

しかし本来打つべきプレーヤーが打つ準備ができてなくて、

他のプレーヤーの安全が確実に確保できていて、

他のプレーヤーが打つことを了承した場合に限りレディゴルフを推奨します。

くれぐれも同時に打ったりして、上空にボールが2球飛んでることのないように十分お気をつけください。

参考までに1ストロークに要する時間も40秒以内という一つの目安ができました。心がけたいですね。

フッキーバルボアでした。

今後ともよろしくお願い致します。

>>次のページの新ルールは

『ドロップはひざの高さからボールを落とす』

コメント