過去の競技結果一覧(2019倶楽部対抗成績追加)

【ゴルフルール改正2019】アドバイスや素振り用の練習器具の使用について

ゴルフのルール
スポンサーリンク

パー3のティーにやってきて、そこが池越えのショートだったり、結構な打ち下ろしだったりしたら、オナーや自分より先に打つプレーヤーの番手が気になるものです。

池を越えるのに何ヤード必要なのよ?

 

打ち下ろしを何ヤード見たらいいのよ?

 

ティーからの距離を教える

ティーから池の向こう岸までの距離を教えてあげることはアドバイスによるルール違反ではありません。ティーから池の向こうまでの距離は『周知の事実』だからです。

ただし、次のような問い掛けや、返事はアドバイスによる違反になりますので注意が必要です。

池を越えるのに、何ヤード打てばいいのよ?

150ヤード打てば池は越えるだろ~!?

 

何番で打ったら池を越えると思う?

5番なら池は越えるだろー!?

 

このような会話は聞いた方も答えた方もアドバイス違反になり2打罰です。

 

カートに積んでいるキャディバックを覗く

では、直接プレーヤーに問い掛けることをしないで、こっそりキャディーバックを覗き見したらどうでしょうか。自分の目で見て得られた情報はアドバイスではありませんので無罰です。しかし、プレーヤーがキャディバックにタオルや帽子を掛けていて、それをどかしたり取り除いたりして番手を確認した場合はアドバイス違反の2打罰です。

共用のキャディさんに、他のプレーヤーの使用クラブを聞くことは無罰です。

ですから、プレーヤー本人に聞いたり、キャディバックを覗き見したりしないで共用のキャディさんがいる場合はキャディさんに聞くのがいいですね。

 

キャディさんにレッスンをしてもらった

同伴プレーヤーにアドバイスを受けることはルール違反ですが、自分のキャディさんからはどんなアドバイスを受けても問題ありません。

 

キャディさん

スイングのテンポが少し早くなってますよ♪

 

キャディさんはラウンド中に何でも相談できる唯一の味方なのです。しかし時間を忘れて、人生相談やプライベートなことを聞くことはいけません。それは『不当な遅延』となりますのでご注意ください。

 

素振り用の練習器具を使用する

いわゆる練習器具をキャディバックに入れてラウンドしても問題はありません。しかしそれをラウンド中に使用することはルール違反です。一回だけ使用したら2打罰です。2回も使ったら競技失格となります。

またストロークの前にスティック状の器具やゴルフクラブを足元に置くことも禁止ですし、スタンスを解いてからそれらのモノを取り除いても2打罰になります。旧規則では認められていましたが、2019ルール改正により上記のことは2打罰になりました。

14本のクラブのうちに1本だけ、重量のある素振り用のクラブを入れて、これは14本以内の1本だから!と言い逃れはできません。それは重量があることや反発係数等が超過した『不適合クラブ』となり、キャディバックに入れてあるだけなら問題ありませんが、そのクラブで素振りした場合はペナルティです。

 

 

ストレッチ用のゴムチューブを使用した

ストレッチなどに使うゴムチューブは、練習器具の1つかも知れませんが使用することを許されています。

 

まとめ

  • コース内で、ティーから池の向こう側までの距離を聞くことはOK。
  • 何ヤードで超える?とか、何番(使用クラブ)を聞くことはNG。
  • キャディバックを覗き見するのはOK。
  • タオルや帽子などを取り除いてまでしてみるのはNG。
  • キャディさんに聞くことはOK。
  • キャディさんに人生相談するのはNG。
  • キャディさんにレッスンを受けるのはOK。
  • 練習器具をコース内に持ち込むのはOK。
  • 練習器具をコース内で使用することはNG。
  • ストレッチ用のゴムチューブを使用してストレッチすることはOK。

 

コメント