過去の競技結果一覧(2019倶楽部対抗成績追加)

【ルール改正2019】間違えたティーマークか打ってしまった。

ゴルフのルール
スポンサーリンク

フッキーバルボアです。

道アマの予選などで、行ったことないゴルフコースに練習ラウンドに行くことがあります。

そのコースが、今まで一度も行ったことないコースであれば、予選を通過するためにも、いろんな意味でビックスコアを叩き出さないためにも、都合をつけて行くことを強くお勧めします。

ただし何度も練習ラウンドに行ったからといって本番で好スコアが出るとは限りませんので悪しからずご容赦願います。

気の知れた仲間同士で行く練習ラウンドは楽しいものです。

同伴プレーヤーにそのコースのメンバーの人がいてくれたら最高です。

メンバーでなくてもそのコースのことを熟知している人がいれば意味のある練習ラウンドになります。

練習ラウンドに行きませんか?

私はあのコースに詳しいから教えてあげますね。

特にグリーン周辺やグリーン上の情報を事前に知ることは大事な要素になります。

もちろんコースレイアウトを確認することも必要不可欠と言えるでしょう。

ただ私に限って言わせてもらいますと、1回練習ラウンドしたくらいではゴルフ場の雰囲気を感じるくらいで、何番ホールがどうだったとか、こうだったとか、よっぽど印象に残るような名物ホールでもない限り覚えていられません。

ショートホールを何番のクラブで打ちました。程度の記憶しかございません

私事ではございますが・・・

忘れもしない・・・そんなある日の練習ラウンドのこと。

仲間4人で練習ラウンドに行きました。2人は2回目の練習ラウンドで、私ともう一人は始めてお邪魔するコースでした。

なかなかトリッキーなコースでアップダウンもあり、ラウンドしながら「1回ラウンドしておいてヨカッタな」と思いながらプレーしていました。

ゴルフ場も普段はレギュラーティを使わせていることが多いと思いますが、試合当日は基本的にいわゆるバックティを使用します。

ですから練習ラウンドもバックティからラウンドします。

4人のスコアも拮抗しており、ラスベガスも大詰めを迎えた15番ホール。

私は超ミラクルなバーディを決めてラスベガスも一気に動きました。

16番、17番、18番と残り3ホールです。このまま行けば勝てる可能性が出てきました。

ゴルフは上がり3ホールが大事

サンデーバックナインが勝負です!

ではありませんが・・・

ゴルフは上がり3ホールに対する集中力が大切だと私はこの日に学びました。

あと3ホール!あと3ホールをパーで乗り切れば勝利をほぼ手中に収めることができたはず。

それくらいに大変大きな意味のある15番ホールのバーディでした。

喜び勇んで16番のティーグランドに上がりました。もちろんバーディの私がオナーです。

浮かれていたのは間違いありません。

間違えたティから打つと2打罰

この場合、レギュラーティからナイスショットしても、「ナイスショーーーット!!」と言ってくれるのは、ラスベガスの相手チームの人、もしくはその仲間のみです。

ティーグランドの取り違えは、『ティー区域外からのプレー』となります。

1打目はノーカウントになります。

そして、2打罰を加えて正しいティグランドから再スタートになります。

ですから、正しいティから第3打目としてスタートということです。

1打目がノーカウントになることから、1打目がOBだったとしても関係ありません。結果的には正しいティグランドから、第3打目スタートになりますので、OBと同じことですが数え方が違います。

ティーグランド間違いのままプレーを続行した場合は競技失格になりますのでご注意ください。

教訓

ニギリが拮抗して残りホールが少なくなると、ティーグランドを間違えていても教えてくれない人もいる。全ては自己責任である。

フッキー

知ってるならどうして言ってくれなかったんすかー?

同伴競技者

どうして、そこで素振りしてんのかなー?って思ってたら、
オマイ打っちゃうんだもん。

フッキー

そこまでして、勝ちたいか!?クソッ

まとめ

ゴルフのルールは自分自身が体験すると忘れません。

今回は、間違えたティから打ったら、その打ったボールはノーカウントになり、2打罰を加えて第3打目として、正しいティからプレーを再開するというルールのご紹介でした。

プレイファスト精神は大切ですが、こういう間違いを犯すと余計に時間が掛かりますので注意が必要です。

ちなみに、上がり3ホールはボロボロでした。

コメント