過去の競技結果一覧(2019倶楽部対抗成績追加)

【ルール改正2019】救済エリアの計測はドライバーを使用する

ゴルフのルール
スポンサーリンク

フッキーバルボアです。

2019年1月1日にゴルフのルールが大きく改正されました。

今までもルールの改正はちょくちょくありましたが、今回はびっくりするような改正がいくつもありました。

一つずつピックアップして内容と処置の仕方について自分のためにも理解を深めて共有していきたいと思います。

クラブレングス(Length)とは

ここではゴルフクラブの長さのことです。

規則に基づいて制限される区域を計測するためにクラブレングスを使用しています。

2クラブレングスとはゴルフクラブ2本繋げた長さのことをいいます。

今までも救済を受けるときは、ドライバーなどの長いクラブを使って、可能な限り障害物からボールを遠ざける処置をしていたと思います。

クラブレングスには決まった定義はなく、プレーヤーがクラブレングスを計測する場合はそのプレーヤーのバッグの中にあるどのクラブでも使用することができました。

ですからドライバーより長いいわゆる長尺パター(ロングパター)を使っているプレーヤーは、それを使っていないプレーヤーでは届かない区域までドロップすることができました。

1打罰で救済受けます!

一番長いクラブで計測してください。
ドライバーですね。

もっとも長いクラブで計測する(但しパターを除く)

これは、長尺パターを使用して救済エリアを測定してはいけません。

救済を受ける状況において、逆に短いクラブを使って救済エリアを変更することはできません。

2クラブレングスの救済を受けるときに、ドライバー2本分の長さまで行くと逆に打ちづらくなるということもあります。

そういう時にサンドウェッジなどの短いクラブで救済エリアを測定することはできません。

そのラウンドに持ち運んでいるクラブの中で最も長いクラブ=ドライバーということになります。

まとめ

救済エリアの測定のために使用できるクラブは、そのラウンドに持ち運んでいるクラブの中で一番長いもの使用すること。但しパターは除きます。

フッキーバルボアでした。

今後ともよろしくお願い致します。

>>次のページの新ルールは

『レディーゴルフの推奨について』

コメント