過去の競技結果一覧(2019倶楽部対抗成績追加)

グリーンでマーカーを動かしてしまった・2019ルール改正

ゴルフのルール
スポンサーリンク

こんにちは。

パターが下手です。もう少し入って欲しいです。オマイのパットだったらバケツの穴でも入らないぞ。と良く言われます。

さて、グリーンに乗ったボールをマークして拾い上げます。そのマークをパターで押さえつけたら、パターの底にくっついて動いてしまったってことがあります。その場合は、マーカーを正しい位置に戻しさえすればペナルティはありません

また、その位置がはっきりしない時は、前にあった位置を推定してリプレースすればOKです。

 


あれ?わたしのマーカーどこ行った?マークした場所がわからないぞ。

 


フッキーのボールマークはどこよ?

 


その辺だと思ったけど、見当たらりません・・・

 

 

と思ったら、とんでもないところに自分のマーカーを発見。明らかにこんなところにマークしてない。これはもしかして、マーカーをパターの裏側にくっつけた状態でグリーンを歩き回ったときに、ここに落としたと思われる・・・。そんな時も、正しいと思われる位置に無罰で戻すことができます。

2019年からは、マークする過程だけじゃなくて、ラインを読んでる途中とかにうっかりマークを蹴ったりパターで弾いたりして動かしてしまっても、無罰でリプレースできます。

マークするときに偶然ボールを転がしてしまった

マークするときや、拾い上げたボールを拭いているときに、偶然ボールを落としてしまいボールが転がってしまっても無罰です。たまに、グリーン面のテストになりますよ。という人もいますが、そんなことはありません。

テストとは、グリーンの速さやラインを確認する意図がはっきりしているときだけです。

素振りしてたらボールに当たってしまった

2019年のルール改正により、グリーン上に限り偶然にボールを動かしてしまったことに対する罰はなし!ってことになりました。動かしてしまったボールは全てリプレースです。素振りをしててうっかり動かしてしまったボールも無罰でリプレースです。

パターのヘッドをボールに当ててしまった

2019年のルール改正で、グリーン上では『偶然』ボールを動かしてしまった場合は、理由や原因を問わず無罰でリプレースとなりました。

それはアドレスに入ってからも同様に問題ありません。よくパターを打つ前にアドレスして、ボールの前に一度パターのヘッドを軽く置いてから打つ人がいますけど、偶然にボールに当たってしまってボールが動いたとしても無罰でリプレースでOKです。もちろんボールが動いてしまってもグリーン面のテストにはなりませんのでご心配なく。

コメント