過去の競技結果一覧(2019倶楽部対抗成績追加)

【ゴルフルール2019】「境界線」赤、白、黄、青杭について

ゴルフのルール
スポンサーリンク

フッキーバルボアです。

ゴルフコースには様々な境界線があり、杭や線引きで表示されています。

OB杭(白色)、黄杭、赤杭などがそれにあたります。

これらの杭はその色によってそれぞれ処置が違ってきますので注意が必要です。

OB杭は抜いてはいけませんが、黄杭や赤杭は抜いてもペナルティはありません。

白杭は抜いてはいけない

OBとコースの境界線を示している白杭は、たとえその杭がスイングの邪魔になったとしても抜くことは許されません。

この白杭を抜いてしまうとコースの枠組みが変わってしまうからです。

つまり、ゴルフの基本である『あるがまま』でなくなってしまいます。

境界は隣の白杭と直線で結んだコース側のラインになります。

OBか否か

白杭とその隣の白杭を直線で結んだ線にボールの一部が掛かっていれば、OBではなくセーフです。

これは垂直方向にも延びているので、木の枝に止まってしまい落ちてこないボールも境界線から垂直に見上げて判断します。

白杭と白杭のインバウンズ側で線を結びます

白杭のOB側の線を結んだ線上にボールの一部が掛かっていても、それは残念ながら「アウトオブバウンズ」となります。

白杭のインバウンズ側を結んだ線上にボールの一部が掛かっていればOBではありません。

黄杭と赤杭は動かせます

イエローペナルティエリアとレッドペナルティエリア。

それぞれ黄杭と赤杭で示されます。

これらの隣の杭を結んだ線がジェネラルエリアとの境界線になります。

白杭と違って「動かせる障害物」であり、移動することができます。

つまりスイングの邪魔になるようであれば、抜いても問題ありません。

ペナルティエリアか否か

赤杭、黄杭、または杭ではなく線を引いてあるものと白杭との違いは、動かせるかどうかともう一つ判断に違いがあります。

ボールが少しでも線上に掛かっていた場合は、全てペナルティエリアになります。

ボールが少しでも線上に掛かっていた場合は、全てペナルティエリアになります。
杭の内側の線とか外側線とかは関係ありません。
線上にボールが掛かっていたら、そのボールはペナルティエリア内のボールとなります。

修理地を示す青杭

青杭は修理地であることを示していて、青杭の周囲を白線で囲んでいることが多くあります。

この白線にボールが掛かっていれば、そのボールは修理地内のボールとなります。

また青杭も「動かせる障害物」です。

グリーンとカラーの境界線

ボールがグリーン面の一部に触れていれば、そのボールは「グリーン上のボール」です。

カラーにマークして拾い上げることができます。

まとめ

  • 白杭は動かせません。
  • 黄杭、赤杭、青杭は「動かせる障害物」です。
  • 杭と杭のインバウンズ側に直線を引いて、ボールの一部が線上に掛かっていたら、白杭はセーフ、それ以外の杭はアウトです。白杭だけ許容範囲が広いことになります。
  • グリーン面にボールが少しでも触れていれば、そのボールは「グリーン上のボールです」

フッキーバルボアでした。

今後ともよろしくお願い致します。

コメント