過去の競技結果一覧(2019倶楽部対抗成績追加)

ペナルティエリア内でも、ルースインペディメントは取り除いてイイんです!けど・・・

ゴルフのルール
スポンサーリンク

こんにちは。

我が家は4人家族で、4人ともフッキーと呼ばれているらしいです。そんな私もフッキーです。

さて、今回はペナルティエリアのことについて書きたいと思います。いわゆる『赤杭』内のことです。2019年からは、『ペナルティエリア』と呼び方が変更になりまして、赤杭は『レッド・ペナルティエリア』です。なんか強そうな名前です。

赤杭の中は2018年まで、落ち葉だろうが、折れた枝だろうが、ゴミだろうが、なんだろうが取り除いてはいけませんでしたが、2019年のルール改正により呼び名も『赤杭』から『レッド・ペナルティエリア』と欧米的な感じになりましてルースインペディメントは無罰で動かしていいことになりました。

ただですね。皆さんご存知の通りペナルティエリアっていうくらいの場所ですからね。普通の状態ではないことは確かなんです。整備が行き届いているペナルティエリアなんてそうそうあるもんじゃありません。普段、人が立ち入ることが少ないエリアです。危険エリアですよ。

落ち葉や、折れた小枝なんて普通にいますよ。日陰で湿地だし、うっそうとして薄暗くて気分悪いです。頭に思い浮かべているのは、島松Cコースの2番ロングホールのセカンド地点です。ティーショットを右にすっぽかしたら、すぐにレッドペナルティエリアで、ボールが私のことを待っててくれます。

 

さて、どうする!?

打てなさそうで、打てそうで、やっぱり打てなさそう。でも、このボールに寄り添っている落ち葉くんさえいなくなってくれたら打てそう。

 

フッキー

すんません・・・落ち葉をどかしてもイイッすか??

マーカー

イイけど、それやったら2打罰ね。

と、いうのが2019年ルール改正で無罰になりましたよ。邪魔者(物)は取り除いていいんです。しかも、ペナルティエリアでソールしてもOK♪です。つまりペナルティエリアで素振りして、ルースインペディメントに触れても、雑草などの成長物にクラブが触れてもOKです♪

もうペナルティエリア内はやりたい放題、無法地帯です!ってこと・・・でもないんです。

ボールの周囲の草を刈ったりすると、『スイング区域の改善』ってことになって、2打罰になってしまいます。ペナルティエリアで、そんなに満振りできるならある意味そこはもうペナルティエリアとは呼べませんけどね。

そして、そこでまた問題なことがありましてね・・・落ち葉などのルースインペディメントを取り除くことはOKですが、そのときにボールを動かしてしまってはダメなんですよ。ペナルティエリアでショットするつもりでボールを動かしてしまったら1打罰です。

意味わかりますか?

フッキー

このボールに寄り添っている落ち葉くんを取り除けば打てるぞ~。よし!取り除こう!そ~っとね、そぉ~っと取り除きますよ~。あれれ!ボールが動いちゃった。

同伴競技者

あなた、今ボールを動かしましたね???それは、1打罰です。

フッキー

あちゃ~、やっぱり見られていたか・・・。いやいや、そうじゃなくて、ペナルティエリアから出して、救済を受けようと思って拾い上げようかな~と思ったらボールが動いたんですよ。

 

【状況説明】フッキーの言い分は、ペナルティエリアのボールをピックアップして、ジェネラルエリアの救済エリアからドロップするために、ボールを拾うとしたらボールが動きました。どっちにしても、1打罰なんだからボールが動いてもどうでも関係ないよね。とアピールしています。しかし、これは通用しませんのでご注意ください。最初から救済を受けるつもりでボールをピックアップしたのであれば、ただ単に1打罰でジェネラルエリアに戻ってきていいですけど・・・

 

 

同伴競技者

オマイ、ペナルティエリア内から打とうとしてボールを動かしたよな?それはそれでまず1打罰だから。で?どうするって?ジェネラルエリアに戻ってきて、救済ドロップするのか?だったら更に救済のための1打罰だから。全部で2打罰ね。

フッキー

ガチョーン・・・

 

そうなったら、やれることは2つです。動かしてしまった1打罰を受けて、リプレースして最初の目論見通りにペナルティエリアから打つか、さらにもう1打罰を受けて(合計2打罰)ジェネラルエリアからドロップして打つか。

 

結論

ペナルティエリアに入ってしまったら、おとなしく1打罰を受けてジェネラルエリアにドロップすることがいろんな意味で懸命だと思います。だいたいにして、そんな危なっかしいエリアからナイスショットが打てるわけありません。そんな悪条件でナイスショット打てるなら、フェアウェイからダフったりしないでしょ?

 

ペナルティエリアから打ったら、ミスショットして、さらにペナルティエリアの奥地までボールが入り込んだとか、ペナルティエリアからOBゾーンに入ってしまった!とか、そういうときの処置についても、そのうち実体験をもとにお話ししましょう。世にも恐ろしい話です。

 

 

コメント