過去の競技結果一覧(2019倶楽部対抗成績追加)

【ゴルフルール2019】雨上がりによくあります。ボールが地面にめり込んだ。

ゴルフのルール
スポンサーリンク

雨の日のゴルフは苦手です。普段はメガネをして生活していますが、雨の日はコンタクトレンズでゴルフしているフッキーです。雨の日より風の日の方が苦手ですっていうゴルファーが多いような気がしますが、私は断然雨の日が苦手というか嫌いです。

さて、今回はそんな雨の日に起こりそうなトラブルについて書いてみます。

フェアウェイの水たまりにボールがはまっていた

ティーショットがナイスショットでフェアウェイど真ん中です。ニヤニヤしながらセカンド地点に行ってみたら、ボールが水たまりにはまっています。もちろん救済を受けることができます。

ホールに近づかずに、水たまりを避けることができる最も近い位置が『ニアレストポイント』になります。そこを基点にして、ホールに近づかない1クラブレングス以内にドロップします。参考までに、あまりそういうことはないかも知れませんが、水たまりに入ったことが間違いないということが前提で、水たまりの中でボールを紛失してしまった場合は、『ボールが水たまりの縁を最後に横切った地点にボールがあるものとして処置することになります。

※水たまりから拾い上げたボールは拭くことができます。

 

 

ぬかるみにボールが止まった

『ぬかるみ』と『一時的な水たまり』は違うと、ルール上の定義の中で実は明確に区分されています。スタンスをとる前や、取ったあとに『水がはっきりと見えること』が水たまりです。湿っぽいとか、地面が濡れているとか、靴の底に泥が付くんですけど~くらいの程度では『水たまり』とは認められずそれは『ぬかるみ』です。

 

たまに、無理に強く地面を踏み込んだり、片足に体重を掛けて地面から水を浸み出さそうとする人がいますが、そんな努力をしてもそれは『一時的な水』とは認められません。とルールブックに記載されています。ペットボトルのドリンクをこぼして、「ウォーターハザードです」ていう訳にはいきません。

 

※『ぬかるみ』の場合は、当然あるがままにぷれーしなければなりませんので、ボールに付着した芝やドロを取り除くことはできません。それは1打罰になります。

※『一時的な水たまり』の場合は、ボールを拭くことができます。

 

 

ボールが地面にめり込んでしまった

2019年のルール改正により、フェアウェイとかラフの定義が変更になり、ジェネラルエリアではボールの一部が地表面より下に食い込んだ場合は、たとえそればラフであっても無罰でボールを拾い上げることができ拭くこともできます。ボールが食い込んでいたいた地点のすぐ後ろを基点として、ホールに近づかかないようにして、1クラブレングス以内の救済エリア内にドロップしてください。

 

注意点としては、ボールを拾い上げてドロップする前にボールが埋まっていた穴を足で踏んだりして修復したりしたら『ライの改善』になります。ただ、ドロップしたボールがその穴の中に戻ってしまっても、それは再ドロップできますので心配いりません。

 

 

まとめ

『水たまり』すなわち『一時的な水』と『ぬかるみ』は、定義の中で明確に区分されています。水たまりは、無罰でボールを拾い上げて拭くことができます。ぬかるみは、あるがままにプレーです。ボールが地面にめり込んでしまった場合は、フェアウェイ、ラフに関係なく、ジェネラルエリアなので無罰で拾い上げて拭くことができて、救済エリア内にドロップすることができます。

コメント