過去の競技結果一覧(2019倶楽部対抗成績追加)

ゴルフが下手過ぎてやめたくなった時に読むブログ

ゴルフのこと
スポンサーリンク

ゴルフをやり始めてみたけれど、やめたくなった人「ゴルフって想像してたより難しいな・・・。マナーもうるさいし・・・。何よりもこんなに練習してるのに上達しない。

 

 

そんなゴルフをどうしてやめずに続けてこれたか。そんな悩みと疑問に答えます。

 

 

結論からいうと、ゴルフは急に上手くはなりませんってことです。

 

この記事の内容

・ゴルフは誰でもやめたくなる遊びだということ。

・なぜゴルフを続けてこれたのかということ。

 

この記事を書いている私はゴルフ歴30年ほどで、J-sysハンディキャップは5.1です。毎回ラウンドの目標スコアは80Sを切ることです。バックティ競技の月例や公式戦でこの目標スコアでラウンドできていれば、HDCPインデックスは5前後を維持できるみたいです。

 

ゴルフは初心者、上級者に関係なく「もう!やめてやる!」と思うことは誰でも100回以上はあります。

 

ゴルフが下手過ぎてやめたくなった時に読むブログ

 

ゴルフがやめたくなりましたか?

その気持ちは良くわかります。私はもう数えきれないほど、何度もゴルフをやめようと思いました。

 

ゴルフをやめたくなる時

私がゴルフなんてやめてやる!と思ったとき(回想)

 

・打ちっぱなし練習場の帰り道

・ラウンドで大たたきした日の帰り道

・マナーのことでうるさいことを言われた日

打ちっぱなし練習場の帰り道

ゴルフ雑誌を読んだり、YouTubeの動画レッスンを観たりして、そこで見つけた打ち方(新打法)を早く練習場で試してみたくなります。

  • 仕事を早めに片付けて練習場に行きたい。
  • 仕事を途中で抜け出して練習に行きたい。

このヒラメキを早く試したい。練習場に到着したら、準備運動なんてそっちのけで新打法で打ってみます。

 

しかしYouTubeでやっていたようには打てません。なんか違うな・・・

 

こころの声

何かが違う・・・これなら今までのほうが良くないか?

でも、YouTubeで言っていることは間違いないと思う。

でも、全然できない。どうする?

このまま新打法をやり続けるか?

それとも、元に戻すか?マジで困った・・・

 

新打法旧打法新打法と旧打法のミックス打法と、もうぐちゃぐちゃに混ざり合った、その日のオリジナル打法ができあがったころには、手の皮がむけて球数はとんでもないことになっています。

で、結局どうなったのか?

練習場に来て球を打ち始めた時よりひどいことになっていることが多くて、もう何がなんだかわからなくなっています。

 

もう、わけわからん・・・

 

前に進むことも、元に戻ることも、どうすることもできないまま、その日の練習を終了することになってしまい途方に暮れて自宅に向かう帰り道・・・

なんかセンスないな・・・全然ボールに当たらなくなっちゃったし、旧打法のほうがまだマシだった気がするけど、新打法をやり過ぎて旧打法で打とうと思っても、それすらもできなくなってしまった。

 

ゴルフやめようかな・・・

 

ラウンドで大たたきした日の帰り道

前日の打ちっぱなし練習では曲がり知らずで、わかった!わかった!のオンパレード!

これは今日の月例は期待できそう。と思って挑んだけど、練習場ではできていたはずのことが本番ではなぜかできなくて、「あれ?!あれ?!変だぞ・・・どうしてだ?」と思っているうちに18ホールを終了。

 

結局スコアはいつもと変わらず・・・

 

どうしてあれだけ練習して、練習場ではあんなに上手くできていたのに、どうして本番ではこんなにひどいことになってしまうのか。

 

マナーのことでうるさいことを言われた日

今思い返せば、そりゃそうだよなと思えることでも、若い時に言われると感じ方がは違いました。ちょっとレストランで帽子をとるのを忘れていただけなのに、「帽子を取りなさい」と言われたり、ラウンド後にお風呂に入ったあとの着替えにジーンズをはいていたら、「ゴルフ場にジーンズをはいてくるんじゃない」とか、「カーゴパンツはドレスコードに違反してる」とか、「シャツを出すんじゃない」とか、いろいろたくさん言われました。

なんかゴルフ場って面倒くさいところだな・・・と思いましたね。

 

なぜゴルフを続けてこれたのか

練習場に行って練習してはやめたくなり、ラウンドしてもやめたくなりました。できない自分に腹も立ちました。本気でやめようと思ったことは100回以上あります。

では、どうしてゴルフを続けてこれたのか。

 

・ナイスショットの割り合いを勘違いしていた。

・できないと思ってたけど、実は少しできていたことに気が付いた。

・ゴルフは急に上手くはならない

 

ナイスショットの割り合いを勘違いしていた

学生のころからスポーツ全般に渡り平均点以上にできていたので、ゴルフなんて簡単だと思って始めたけど、その期待通りにはできませんでした。

最初のころはその現実とのギャップを埋めることができていませんでした。

 

練習場で10球に1球打てたナイスショットが自分の実力だと思っていた。

 

10球に1球しか打てないナイスショットを自分の実力だと思っていたことに気がついたのが大きかったですね。

10球に1球といっても、100球も打てば10球くらいは自分の納得したボールが打てることになります。一回の練習でナイスショットが10球打てて、それなりに許せるボールが10球でも打てれば、それが自分の実力だと思っていました。

ナイスショットと、まあまあ許せるショットを合わせて20球。

 

実際はその日の練習の2割しかナイスショット打ててない・・・

 

実際はチョロしたり、ダフッたり、トップしたり、大きく曲がったボールの方が大半の8割を占めているのに、なぜか2割のまぁまぁナイスショットが自分の実力だと思ってしまった。

 

ある時にそのことを冷静に考えることがあって、ただひたすらにボールを100球も200球も300球も打つことをやめて、自分のナイスショットの確率を計算するようにしました。

最初は本当に10球に1球程度しかナイスショットと呼べる球を打つことができていない現実を知ることができました。

 

できないと思ってたけど、実は少しできていたことに気がついた

「わかった!」と「全然できない・・・」を繰り返して、どちらかというと練習では「できた!」と感じる方が多かった分、実際に本番でできなかったときのギャップが激しくてやめたくなったことが多かったです。

しかし、前回の練習では最後の最後まで、できなかったことが、次の練習ではよくわかりませんけど、サクッとできたりしました。

できない自分を受け入れて、一度になんでもできるわけはないんだと考えるようになりました。できないことだけにフォーカスしないで、逆にできることを褒めることにしました。

できない自分を責めないで、できることがある自分に優しくしました

 

これは少しできるようになった!

ゴルフは急に上手くはならない

自分のゴールと通過点を整理する必要があると思います。将来プロゴルファーになりたいと思っている人と、100を切れればいいやと思っている人は同じ上手くなりたいといっても違います。

また、100が切れなくて悩んでいる人が、80台や70台でラウンドするための練習をしても遠回りになります。ゴルフは急に一気に上手くはなりません。

まずは自分の目指しているゴールみたいなものを明確にすることが大事ですね。YouTubeレッスン動画もいいですけど、そのレッスン内容ははたして今の自分の実力に合っているのか。本当はそこが一番大事だと思うんです。動画の向こう側にいるゴルフの先生はこちら側のことは全くしりませんからね。

そういうことに気がつくと、次の一手が見えてくると思います。

そう考えるとゴルフ上達の道のりって長いですね。釣りをやったり、マラソンをやった方がいいかも知れませんね。それもありだと思います。

中にはゴルフをやり始めて1年や2年で一気にシングルになりましたという猛者もいるようですけど、普通にお仕事をしている人は難しいと思いますよ。

 

最後に

ゴルフは急には上手くなりません。そういうものです。どのレベルを追い求めて自分は上手くならないと考えているのか?自分なりに明確にすることが上達の近道だと思います。90の壁に苦しんでいる人がシングルプレーヤーの真似をしても、その壁はより高いものになる可能性があります。

少しずつ時間をかけて上達していけばいいと思いますね。

 

ゴルフは健康で歩けるうちはいつでもできるんですから。ゴルフは逃げやしませんぜ。

 

コメント