過去の競技結果一覧(2019倶楽部対抗成績追加)

キャディさんに対する心遣いとかチップとかどうしたらいいですか?

ゴルフのこと
スポンサーリンク

とてもいいキャディさんだったので、何か気持ちを形に変えて差し上げたいな。愛想が良くて感じが良くてボールもちゃんと見ててくれたし、何よりこんなヘタな私に、嫌な顔一つしないで接してくれたキャディさんにそんな気持ちを伝えたい。

 

 

そんな気持ちの伝え方をお話します。

この記事の内容
  • まずは嬉しいです!という気持ちを伝えることです
  • 現金が一番うれしいかも知れないけど金額とか渡し方が難しい
  • 売店(茶屋)を利用するのが簡単でお薦めです
  • これはスマートだなと思ったやり方のご紹介

 

この記事を書いている私はゴルフ歴30年ほどで、J-sysハンディキャップは5.1です。毎回ラウンドの目標スコアは80Sを切ることです。バックティ競技の月例や公式戦でこの目標スコアでラウンドできていれば、HDCPインデックスは5前後を維持できるみたいです。

 

キャディフィを払ってるんだから、そんなものは不要だ!と思っている人にも是非お読み頂きたい。

キャディさんに対する心遣いとかチップとかどうしていますか?

いいキャディさんだなって感じたら、そのことをキャディさん本人に伝えることが何より大切です。「今日はいいキャディさんについてもらってうれしいです。」

 

キャディさんに感謝の気持ちを伝える

まずは「キャディさんで良かったです!」ということを言葉にして伝えることからスタートです。これはお金が掛からないで一番に気持ちが伝わる方法であることに間違いありません。

 

現金が一番うれしいかも知れないけど金額とか渡し方が難しい

チップとして現金を渡す人もいますが、これは渡し方と金額の設定が難しいですね。有り余る現金をお持ちの方で金に糸目はつけぬ!という人は、5万円でも10万円でも渡して問題ありません。きっとキャディさんも「そんなにたくさんもらえません!!」と言いながらすぐポケットに入れることでしょう(笑)

また現金を渡す場所ですが、渡す方はいつどこで渡しても気にすることはありませんが、受け取るキャディさんは、ホールアウトしてクラブハウスに戻ってきたときに、他のキャディさんやキャディマスターが見ている前でそれをやられると軽く気まずいことがあります。

ですから、なるべく現金の授受はしないほうが賢明かと思いますね。

バンコク近郊のゴルフ場とは違いますから(笑)

そういう意味でもタイのゴルフ場はいいですね。

 

売店(茶屋)を利用するのが簡単でお薦め

ハーフに1ヵ所くらいある茶屋(売店)には、キャディさんの心づけ商品が置いてありますので利用しましょう。お米だったり、お菓子だったり、飲み物だったりが多いですね。

4人でラウンドしていたら、売店のおばちゃん(売店でおじちゃんに会ったことはない)に、「キャディさんに何か人気のものをください。」と聞くとすぐに出してくれます。中には売店の窓から顔を出してキャディさんを確認して「あのキャディさんはこれが喜びますよ!」なんて業務提携をしているようなキャディさんもいます。

そしてそれを、「4で割ってそれぞれみんなににつけておいてください。」というと、4人プレーヤー全員からの贈り物ということになります。

また4等分することで、プレーヤー1人の負担が少なくて済みます。キャディさんには「これは4人からねー」と言ってあげたらいいですね。

もちろんご自身一人で購入して問題ありません。

 

キャディさん、これ4人からです。

 

気持ちだけ「ありがとう」も嬉しいですが、やはり現物がつくと嬉しいようです(笑)

 

スマートだなと思ったチップの渡し方を一つご紹介します

スタートホールからボールマーカーに500円玉を使っていた先輩がいて、キャディさんとも意気投合して楽しいラウンドになりました。そして最終18ホールで最後のマークが終わったときに、「キャディさん今日はありがとうね。」といってその500円玉を渡したのです。

 

カッコよすぎる・・・

お聞きしたところ、毎回そうやって500円玉をチップとしてあげているとのこと。

本人曰く500円で済むし500円以上かからないし、気に食わないキャディさんだったらあげなきゃいいんだから。

私も、500円は無理でもせめて100円玉から真似してみようかな(笑)

 

最後に

いいキャディさんだったのに、茶屋で何も買ってあげられなかったとか、お礼もちゃんと言えなかったことを後悔した時は、帰る前にキャディマスターでも誰でもいいので、スタート室にいる人に「今日のキャディさんはとても良かったです」と伝えましょう。

スタート室からキャディさんに伝えてくれますよ。

 

コメント