過去の競技結果一覧(2019倶楽部対抗成績追加)

道アマ倶楽部対抗※バウンスバックできたチームは6チーム!!

北海道倶楽部対抗
スポンサーリンク

最近よく耳にする「バウンスバック」

「バウンスバックに成功したぜ!」とか?(笑)

私はラウンド中にそんな素敵な言葉は使いません。

同伴競技者から「バウンスバックですね!」とか言われましても、

いまいちピンときません(・ω・)ノ

「バウンスバック率」という指標もあるようですが、

アマチュアはほぼゼロ%に近いでしょうね。

18ホールやってバーディーなし!なんて普通ですから。

たまたま獲ったバーディの前のホールがパーなら、バウンスバックとは言いません。

全盛期のタイガー・ウッズのバウンスバック率は、36.51%という驚異的な数字だったみたいです。

ところで、バウンスバックとは何ぞや?

という人のために簡単に説明すると、

ボギーかそれより悪いスコアで上がったホールの直後のホールで、バーディかそれよりいいスコアで上がることらしい。

ちなみにダブルボギーで上がった直後のホールがボギーでも、バウンスバックとは言いませんので悪しからずご了承ください。

それはただ単に2ホールで3オーバーですから。。。_| ̄|○

ということで、今回はこのバウンスバックというキーワードを勝手に使わせていただきます。

 

道アマ倶楽部対抗でバウンスバックに成功したチーム

AクラスからBクラスに転落したけれども、一年でAクラスに返り咲いたチームをバウンスバックに成功した!

ということにします(・ω・)ノ

 

倶楽部対抗で一度Bクラスに転落してしまうと「なかなかAクラスに戻ってこれない」と言われています。

ずーっとAクラスで頑張ってきたチームだからといって簡単なことではありません。

選手の補強など、それなりの手立てが必要かも知れません。

知りませんけど。

では、バウンスバックに成功したチームをご紹介します。

 

倶楽部名2019201820172016201520142013201220112010
1札幌国際22232222B32
2シャムロックCC8813145B3315125
3グレート札幌CC135B35278424719
4大沼レイクGC192519B3525242539
5ザ・ノースGC2321222414B31191621
6大雪山CC341416171271113B30

※表の数字はその年の順位です。

 

バウンスバックに成功したチームは過去10年間で6チームしかありません。

どのような理由でBクラスに転落したのかは、それぞれのチームによって事情が違うとは思います。

  • エース格が出場できなかった
  • 大幅な選手の入れ替えがあった
  • やっちゃった選手が多数いた

言い出したら理由なんていくつもあります。

アマチュアゴルファーですから事件は普通に起こるものです。

ただ言えることは、叩きたく叩いている選手は一人もいない!ってことです。

そんな中で、1年でAクラスに戻ってきたバウンスバック賞に輝くとは、やはり実力のあるチームと言えるでしょうね。

ナンボ言っても、Bクラスで上位から8番以内にならないとAクラスにカムバックできませんからね。

ちなみに2019年は、以下のチームがB転落となりました。

  • 29 札幌南GC
  • 30 クラークCC
  • 31 GOLF5
  • 32 阿寒CC
  • 33 小樽CC
  • 34 大雪山CC
  • 35 北海道CC
  • 36 茨戸CC

バウンスバックを期待しています!!

 

コメント