過去の競技結果一覧(2019倶楽部対抗成績追加)

24 -TWENTY FOUR-CTU捜査官ジャック・バウアーが来日!?リメイク?!

ニュースネタ
スポンサーリンク

大ヒット米ドラマ「24 TWENTY FOUR」をリメイクする連続ドラマ「24 Japan」(トゥエンティフォージャパン)が2020年に、テレビ朝日系で放送されることが2019年3月8日に、テレビ朝日から発表されましたね。

24-TWENTY FOUR-ジャパンの概要

日本版リメイク「24 Japan」でも、ドラマの描き方は本家と同じで、1日の出来事をリアルタイムで描くとのこと。主人公の過去の任務は「海外での邦人人質救出」と「テロ用の化学兵器工場の爆破」に変更して、日本の制度や文化を基に設定なども新しくアレンジするということです。テロのターゲットも女性総理大臣候補とし、日本初の女性総理が誕生するまでの24時間を描くらしい。

 

24-TWENTY FOUR-といえば、ジャックバウアー

日本人のジャックバウワーって誰やねん?

ジャックバウアーはキーファー・サザーランドしかいません。キーファー・サザーランドだけが、ジャックバウアーなんです。唯一無二なんであります。頭が固いといわれても甘んじて受け入れます。

ちまたでは、西島秀俊、岡田准一、小栗旬、織田裕二、唐沢寿明、阿部寛、江口洋介、真田広之とか言われてるみたいだけど、私としてはどれもこれも、ジャックバウアーじゃないです。

ましてや、ジャックバウアーのものまねをやってるお笑い芸人・どきどきキャンプの岸学さんとかはマジで勘弁して欲しいです。

 

24-TWENTY FOUR-といえば、24時間

本家本元も24-TWENTY FOUR-は、ご存知の方も多いと思いますが、シーズン1からシーズン8まであります。そして、1シーズンが1日の出来事を描いています。つまり単純に8日間の物語なんです。

1話が1時間の出来事を描き、24話で1シーズンが完結します。すなわちこれ、24時間の出来事です。それが8シーズンあるので、全部で8日分です。

1話の放送時間は約45分間となっています。1時間のことを45分間に凝縮して放送しているということです。ですから、45分間×24話なので24時間が実は18時間になっています。6時間も少ないのにあの内容です。ジャックバウアーは超人だといわれる理由のひとつです。

 

24-TWENTY FOUR-といえば、長い、キリがない。

24-TWENTY FOURは、全話で192話あります。(24話が8シーズン)

今は、レンタルビデオ屋さんに行かなくても、アマゾン・プライム・ビデオでも、何でもお手軽に自宅で鑑賞できるようになりました。本当に便利な世の中です。

 

1日1話を毎日観たとして、1シーズンを観終えるのに、24日が必要で8シーズンの全話を観終えるには約半年以上掛かる計算になります。半年かけてようやく観終えたドラマは、実は思い返せばたったの8日間のことだったわけです。

たった8日間の出来事を毎日観続けて6ヵ月かかることになります。

24-TWENTY FOUR-はめちゃくちゃ面白いドラマなので、1話を観終えたらすぐに次の回を観ずにはいられなくなります。とにかくハマります。1日1話だけ観て寝るってことにはなりません。なので全話観終えるのに半年はかかりません。

私も複数回繰り返して観ていますが、その年の1/3はジャックバウアーになってしまいます。スマホの着信音も、CTUの電話の音になっています。

 

24-TWENTY FOUR-は罰ゲーム

24-TWENTY FOURにハマルと他のことができなくなります。こうしてブログを書く時間もなくなります。寝不足にもなります。あれは中毒性があります。24-TWENTY FOUR-を最初から最後まで観ること!という罰ゲームもありかも知れません。

24-TWENTY FOUR-のリメイク連続ドラマ「24 Japan」

 

どきどきキャンプが、ジャックバウワーなら、24時間も生きていられないな・・・

5分で終了だわ。

コメント